都会と共生するやきもの作りを創発する 彩泥窯
陶芸工房彩泥窯ロゴ
表参道工房 : 東京都渋谷区神宮前4-6-2-1F 電話: 03-6447-1105
行徳工房  : 千葉県市川市行徳駅前1-5-1- 1F FAX: 03-6740-2084
南青山オフィス : 東京都港区南青山4-15-43-3F mail: info@saideigama.com
サイトマップ トップページ゙ 彩泥窯とは 会員教室 陶芸体験 手作りギフト 生徒作品 開校日時 アクセス 問合せ オーダーメイド 取材されました
レクリエーション
福利厚生イベント
社員研修
チームビルディング
外国人旅行者向け
インバウンドサービス
調理師学校向け
和食の器を学ぶ講座
スペシャルギフト
「思い出の器」
上質ユーザー限定
コラボ企画:マイ陶器
卒園記念

調理師学校向け講座
和の器について学ぶ

~ 器の種類から意匠紋様、盛り付けや季節にあわせた使いかたまで ~
和食の器の基本を知ろう
彩泥窯には多くの料理人さんが器作りを学びにきています。指導していて感じるのが器の基礎知識について、意外と断片的であることです。どちらの調理師学校でも、当然ながら調理実習に重点をおいたカリキュラムとなっているため、器使いの基本は勿論、その基礎知識を学ぶ機会が少ないようです。

器は料理の着物
日本を代表する美食家で知られる魯山人の言葉です。器と素材の間には互いに高めあうような、響きあうような、関係があります。また、衣装と同様に季節に応じてや慶事、弔事など、その場に相応しい器使いもあります。
日本人の和食の器使いは海外に例をみないほど季節感があり、また多岐に富んでいます。これらの基礎を学ぶことは、料理そのものの価値をより高めてくれます。


器を作ると見る目が変わる、料理が変わる
この講座では、最後に自分で器をデザインし制作してもらいます。自身で作ってみると今まで気にも留めなかった部分の難しさや意味を知ります。これらの経験は料理人として欠かせないエッセンスとなることでしょう。

彩泥窯 窯元 中野拓


第一部講座 : 和食の器の基礎について
■日本六古窯と歴史
■器の種類について(陶器や磁器の違い)

■伝統の意匠紋様、伝統の装飾や釉薬について

■大きさ深さ形状などの違い伝統的な形と使い方

■自分の器をデザインする

第二部講座 : 伝統のやきもの織部焼を作ろう

講義のデザインを元に制作開始

パーツを切り出し組み立てていきます

形が出来てきたら鬼板で絵付します




調理師学校の卒業展

思考を凝らせた自作の器に、食材を盛り付けて
飾りました。皆さん、改めて器を見直す良い機会
となりました。


制作例:織部蛸唐草紋変わり鉢
制作例:織部椿紋四方陶箱



詳細はお問い合わせください



メールフォーム
Mail form
電話
phone
電子メール
e-mail
代表 03-6447-1105 info@saideigama.com
LINE/SMS 080-4616-2105



Home 陶芸
Pottery
金継ぎ
KINTSUGI
訪日外国人向け
Course for foreign travelers
法人向け研修
Employee training
ご見学
Free tour
開校日時
Open Time
アクセス
Access
お問合せ
Inquiry
 
 
Omotesando
SAIDEIGAMA
Pottery・KINTSUGI
Omotesando‐yaki SAIDEIGAMA
Produce by Taku Nakano CeramicArts

Copyright(c) 2004~2019 Saideigama All rights reserved.
Taku Nakano
CeramicArts